ブログ運用

専業ブロガーとして独立したい人・してる人に見てほしい動画

2015/12/27

ブログの収益に見合った人間性を身につけていないブロガーは、人を怒らせ傷つけることで稼いだ金で家族を養うことに何の負い目も感じない卑しい人間になります。

今朝のサンデーモーニングを見ていたら、興味深い実験が取り上げられてました。

番組ではこの実験を、富裕層と貧困層の格差が拡大していく原因の一つ、イスラム国に引き寄せられる若者の持つ背景の一つとして紹介していましたが・・・

これ、口をひらけばサラリーマンや大企業をバカにしているブロガーと全く同じです!

 

ブログから収益を得るという行為そのものが悪いわけではありません。

好きなことを仕事にして、それで生きていく、家族を養っていくというのは素晴らしい生き方です。

・・・でも・・・ブログの収益に見合った人間性を身につけていないブロガーは、人を怒らせ傷つけることで稼いだ金で家族を養うことに何の負い目も感じない卑しい人間になります。

ブログで収益を得ている、もしくは得たいブロガーの人全員に見て欲しいのでシェアさせていただきます。

スポンサーリンク

実験にみる 金持ちと専業ブロガーの共通点

今日は妻が朝からお出かけでいらっしゃらないので、普段は見ないサンデーモーニングを見ていたのですが、そこで面白い実験が紹介されていました。

元ネタはポール・ピフ氏という方がTEDで発表した「お金が人を嫌なヤツにする?」というプレゼンで、番組ではほんの一部しか紹介されていなかったのですが・・・後半にこそ教訓が詰まっています。

こちらです。

このプレゼンをやっているポール・ピフ氏は社会心理学者。

カリフォルニア大学アーバイン校社会環境学部の助教をされています。

 

まずひとつの実験が紹介されます。

被験者を集めてペアを組ませ、”モノポリー”という日本の人生ゲーム的なゲームをさせました。

一方には圧倒的なハンデをつけてお金持ちになれるようにし、「必ず勝てるように」仕組まれています。

すると・・・ゲームが進むにつれ、金持ち(=ハンデをもらっている方)は・・・

  • コマを動かす時大きな音を出したり、ガッツポーズをとったり、自分の力を誇示する
  • 出されたお菓子を貧乏人(=ハンデをつけられた方)より多く食べる

といった傾向が見られるようになりました。

 

さらにゲームが進むと、金持ちはこんな発言をするようになりました。

  • もう何でも買えちゃうよ
  • 君に24ドル貸してるよ
  • もうすぐすっからかんだね
  • 買おう、金はたっぷりある
  • ありすぎて使い切れないよ
  • 全部丸ごと買いとるわ
  • お金無くなりそうだね
  • 俺は無敵だな

 

貧乏人が不機嫌そうな顔をしているのにお構いなし。

これ・・・ブログが炎上を繰り返しているのに

  • サラリーマンはバカ
  • 何でそんな非生産的な仕事を続けているのか
  • 大企業で働く人間は考えが古臭い

と連呼する成金ブロガーそっくりです。

 

さらに驚くべきことがわかります。

ゲームが終わったあと、勝った方(金持ち)に「なぜ勝てたのか」を聞いたところ「●●に投資したのが大きかった」というようにゲーム中でとった自分の行動を勝因として上げる人が多かったそうです。

元々ハンデをもらって勝ったことはわかっているはずなのに、そのことを忘れ自分の力だと勘違い。

プレゼンターのポール氏はこのことを「人は優位性について つじつまを合わせようとする」と分析しています。

  • サラリーマンや非正規が頭を下げて、汗をかいてつくったものをブログで紹介して収益を上げてるのにサラリーマンをバカにするブロガー
  • 中小企業や非正規労働者では望めない福利厚生や支援のおかげで子育てしながらブログ書いて独立できたのに、「あんな会社、やめてよかったわー」とか企業名出して非難してるブロガー

「嫌なら見なきゃいいんです」って言われても・・・

こういう胸糞わるい人は見たくないのに・・・無関係のこと検索したり、Twitterのフォロワーさんがリツイートしたりして目に入ってきちゃうんですよね。

サラリーマンや大企業を「卒業」ではなく「退学」したブロガーは、人を傷つけてでも自分の利益を追求するようになる

サラリーマンや大企業を「卒業」ではなく「退学」したブロガーは、人を傷つけてでも自分の利益を追求するようになる

サンデーモーニングで紹介していたのはここまでですが、元の動画にはまだ続きがあります。

もちろん金持ち全員が既得権益にしがみつき、貧乏人から富を搾取するわけではありません。

ただ・・・そういう傾向が強いことに間違いはなさそうです。

裕福な人ほど「貪欲であることがいいこと」「自分の利益を追求することがいいこと」と捉える傾向がある

アンケートによる結果だそうです。

・・・確かにそういう発言をする人、多いですね。

特にちょっと売れ出した芸能人とか、金持ちになりたての人に多いように思えます。

まぁ、それくらい貪欲でなければ勝ち残れない世界で生き残ったことを誇りたい気持ちはあるのでしょう。

ただ・・・自分で思うのは勝手ですが、それを人に押し付けるのはかんべんしてもらいたいものです。

金持ちほど人を助けようとする意識が低くなる傾向がある

ある実験で被験者に10ドルを渡し、「それを自分でとっておいてもいいし、誰かにあげてもいい」といったところ・・・

金持ちで人にあげた人の割合は、貧乏人より44%少ないという結果になったそうです。

・・・普通、逆だと思うんだけどなぁ・・・

ちょっとびっくりです。

金持ちほどズルをしてでも利益を得ようとする傾向がある

勝てば50ドルの賞金を出すと案内したうえで、細工をして一定以上のスコアがでないゲームをさせたところ・・・

ズルをする金持ちの割合は、貧乏人の3倍から4倍になったそうです。

スポーツ界ではバレない反則はファインプレーと言われているようですが・・・3倍から4倍って、あんた・・・

金持ちほど法やルールを破ることに抵抗を感じない傾向がある

サクラの横断者がいる状態で、止まる車の数を、車の価格帯別に集計したところ・・・

高級車ほど止まらないという結果になったそうです。

一番安い車に乗っているドライバーは全員が横断者に道を譲り、最高級車に乗っているドライバーは50%近くが横断者を無視したのだとか。

 

さらに

  • 「ビンに入っているお菓子は子どもにあげるもの」と断った状態で、自分を金持ちと自覚している人は、貧乏人と自覚している人より2倍近くお菓子を食べてしまう
  • 交渉で嘘をつく、賄賂を受け取る割合が高い

といった実験・調査結果が披露されました。

 

ネットの海に目を移しても

どこそこに移住したって言って都会人をバカにしてるのに・・・なんか移住してないっぽい嘘つきブロガーもいるようだし。

ブログに書くネタつくるするために人に迷惑かけてるおっさんもいるようだし。

人間としての器が小さいままで中途半端に成功するとロクなことが起こらないのはブログ界でも同じということでしょうか。

 

ポール氏は以上を踏まえ、アメリカの上位20%の富裕層が全体の90%以上の富を独占している現状を紹介。

様々な調査・研究によって、格差の拡大は貧困層だけでなく富裕層にも深刻な悪影響を及ぼす極めて危険な問題であることを提言しています。

その上で、その原因の一つが「裕福になればなるほど自分の利益を優先し、人の不利益を顧みなくなる人間の心理にある」とも。

 

サラリーマンがみんなやめちゃえば、あんたらも飯食えなくなんねんで!

大企業で働く人がいなくなっちゃったら、あんたらの大好きなiPhoneどころか・・・飯の種であるブログそのものが使えなくなっちゃうんやで!!

それでもええの?

ブロガーは、格差や生きにくさに苛立ちを重ねていたあの頃の気持ちを忘れてはいけない

ブロガーは、格差や生きにくさに苛立ちを重ねていたあの頃の気持ちを忘れてはいけない

専業でも面白く、ためになるブログを書き続けている人がいるのは知ってます。

・・・僕が人のブログを全然読まないし、コミュニティにも属してないし、コミュ力低くてSNSも独り語りなので、「具体的に誰?」って言われても紹介できる人がいないけど。

・・・きっと尊敬できるレベルの人格を持ったブロガーはいるはずです。

 

今はサラリーマンや大企業をディスることでしかPV稼げないブロガーも、すごかった時期があったのも認めます。

ブログはじめた頃は、お手本になるブログを求めてプロブロガーと呼ばれる人のブログは一通り読んだけど、はじめの数年は面白いのに独立する前後くらいから急につまらなくなる人が多い。

 

今では有害コンテンツを垂れ流している「あの頃はすごかったブロガー」にも。

格差だったり、年功序列だったり、大企業病だったり、政治だったり、隣のおっさんだったり・・・

そういう敵と戦い、苦しんできた経験があるはずなのに。

そこから開放された瞬間に、同じことに苦しんでいる人の苦しみがわからなくなってしまう。

 

・・・単に運が良かっただけの人や、小手先のテクニックがたまたま機能しただけという人もいるでしょうけど・・・

今は見る影もなく落ちぶれてしまった人たちでも、毎月何百万PVという数字をブログをつくれるということは、文才・センス・努力の才能に恵まれた人です。

願わくば、その才能を人を怒らせたり傷つけるのではなく、人のために使ってほしい。

 

サラリーマンをバカにするのではなく、サラリーマンがありふれた幸せをつかむための術を書いてほしい。

大企業と、そこで働く人を罵るのではなく、もう一度日本を支え発展する力になるためのアイディアを書いてほしい。

 

そしていつか独立して専業ブロガーになろうと考えている人には。

寄付しろとか営利目的でブログをするなとかそういうことじゃなくて。

いつか毎月数万、数十万、数百万円の収益をあげられるようになっても、今の気持ちを忘れないでほしい。

 

ポール氏のプレゼンはこう締めくくられています。

平等主義や共感レベルは、ほんのちょっとした心理的介入や人生観の変化、ある方向へのちょっとした刺激で修復できる。

実験では、たった46秒の子どもの貧困に関するビデオを見た金持ちは、そのあと悩みを持つ人が現れると貧乏人と同じくらい他人の問題解決に時間を使うことに観葉になるという結果が得られた。

ビル・ゲイツは、ハーバード大学の卒業式の式辞で社会が直面している不平等の問題を最も手強い課題とし、「人類の進歩のうちで最大のものは発見にあるのではなく不平等を緩和するために発見をどう利用するかにある」と語った。

アメリカの富豪たちはGiving Pledge(寄付の誓い)という取り組みの中で、財産の半分を寄付するという誓いを立てている。

それは彼ら自身の経済的利益にはマイナスですが、いずれアメリカンドリームを復活させる可能性を秘めています。

年末年始はTED鑑賞がオススメ!世界トップレベルの人たちの貴重なお話が自宅にいながら無料で聴けます

今回ご紹介したTEDですが、

  • ビル・クリントン(元アメリカ大統領)
  • ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)
  • ジミー・ウェールズ(Wikipedia創設者)
  • ボノ(U2のボーカリスト)

などなど、超有名人から無名だけど光るアイディアを持った人まで、様々な人が行うプレゼンを無料で見れるサイトです。

日本語の字幕の入ったプレゼンもだいぶ増えてきました。

僕も昔、プレゼンの勉強になると紹介されてから時々見ているのですが、すごい人達のお話が自宅にいながら無料で視聴できます。

年末年始、おせちと特番に飽きたら見てみてください。

オススメです。

参考 TED日本語版公式ページ

スポンサーリンク

-ブログ運用

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。