ブログ運用

家族のせいでブログ書く時間が取れないを解決する6つのヒント

2016/04/05

時間が取れない

朝から晩までブログ書いて、それでも書き足りない小鳥遊@執筆家 です。

 

今日は家族のせいでブログを書く時間が取れないブロガーさんのために、執筆時間を捻出する方法を考えました。

ブログでご飯食べている人も、これからそうなりたい人も、完全な趣味の人も・・・

良い記事たくさん書けるよう、お互いがんばりましょう。

 

スポンサーリンク

俺はブログが書きたいんだ!

ブログが書きたい

僕は7月の入社まであと2週間ほど、妻が仕事にいっている間ずーっとパソコン触っています。

自分が仕事いっている間、ずーっとパソコン触ってるのに、まだ足りないのかと妻に呆れられそうですが・・・

 

足りんものは足りん!!

 

書きたいんじゃよ。

届くか届かないかわからないけれど、世の中に自分の考え、意見、気持ちを誰でも平等に発信できるのがブログなんじゃよ。

一応広告貼ったりしてるし、お金もらえるんなら欲しいけど・・・なくても書きたいんじゃよ。

 

役に立ってるかどうかは知らないけど、コールセンターで働いている人が少しでも楽に仕事できるよう、もっともっと自分の体験・経験・知識を公開していきたいし。

派遣とか契約なんかの非正規として、明日がどうなるかわからない人に、僕のショボイ人生から使えるネタあれば使ってもらいたいし。

まだ全然手を付けられてないけど、イジメられてるとか、うつ病とか、そういう人にどうやったら立ち直れるか、笑えるかも伝えていきたいし。

 

中には、何の愛着もなく、むしろ書きたくないけれど、単純にお金稼ぐためにブログ書いている人もいるんだろうけど。

大半のブロガー様は、お金の有無は関係なしに、書きたいから書いているんじゃねーですかね?

 

人間が人間でいられるのは、人と関わるからなんじゃよ。

かと言って、自分の人生語れる機会なんてそうそうない。

 

だからブログなんじゃよ。

教えてあげるなんて傲慢なことは言わないけれど、自分の人生に少しだけでも触って欲しいんじゃよ。

かまってくれないと死んでしまうウサギちゃんなんじゃよ。

家族の理解を得つつブログを書くために大切なこと。

家族の理解を得る

とはいっても・・・自分が同じ立場だったらやっぱ嫌だろうなとは思う。

 

まじめな話してる時にパソコン打ちながら相槌うたれたら、いい気はしないだろうし。

今はまったく収入がないわけだから、それなりに家事をしなきゃダメだろうし。

 

男と女、どっちが仕事してどっちが家事をするかなんて、好きにすりゃいいけど。

芸術家みたいに「私が養ってあげるからあなたの作品を作り続けてちょうだい!!」と言わせるくらいの魅力があればいいけど。

 

仕事なり、仕事をしていなければ家事なり、家族のメンタルケアなり、家族を家族として継続させるための役割っていうのはそれぞれあるわけで。

 

何より、相手に気を使わせたり、我慢させたりしてブログ書いてもいい記事が書けない。

先日、集中しすぎて妻がすっごく不機嫌そうな顔をしていたのを見て「やってもーたー」と思ってしまいましたです、はい。

もう、その後は気になって気になって、結局途中まで書いてたけど、翌日に先送りしました。

 

うちは子供がいないから、普段は家に僕と妻の2人きり。

相手が対応してくれないと、一人ぼっちになってしまう。

 

家族より大事なものなんてないです。

妻より大事なものなんてないです。

 

どうしても両立できないんだったら、ブログなんかやめてしまったほうがいいです。

 

家族との時間を確保しつつ、ブログの執筆時間を取る6つの方法

時間を確保する方法

とはいっても書きたい。

どうしても書きたい。

 

というわけで、僕が取り組んでいることと、これから取り組もうと思っていることをまとめてみました。

 

読者の皆様。

特にブログ書いてらっしゃる方で、何か他にいい方法等々ありましたら、コメントかTwitterででも教えてください。

ピクピクして喜びます。

ブログを書く使命を熱く語る

熱く語る

このブログは今のところ、1日のユニークユーザー数(UU・UA)が300から400。
毎日300人から400人の人が、僕の書いたこと、話すことに耳を傾けてくれていることになります。

インターネットが普及してから、何十万人・何百万人の人を集めることが当たり前になってしまいましたが、これってすごいことだと思いません?

400人相手に話をするなんてちょっとしたセミナーレベルです。

 

価値は人の数だけあります。

誰かから見れば僕の話なんて戯言でしょうが、必要な人から見れば金言かも知れない。

そりゃすぐに帰っちゃう人もいるでしょうが、僕の書いたこと、話したことで何かを見つけてくれる人や、もしかしたら、人生の行き止まりで明日の道標を見つけてくれる人がいるかもしれません。

 

 

もちろん僕のブログ読んで人生変えた読者なんていなくて、これからも出て来ないかもしれません。

でも、書き続けていればその可能性はゼロじゃない。

 

僕のブログを読むことに時間を使ってもいいと思ってくれる人がいる限り、それにこたえるのはブログ持っている人の義務であり使命です。

だから、僕は今日もブログを書きます。

 

1日何百人かが毎日見てるんだから、人生変えるレベルはムリでも暇つぶしくらいにはなっているはず。

どんなに小さな形でも、誰かの役に立つことは、つづけたいじゃないですか。

 

きっと日本中・世界中のブロガーのほとんどは、同じような気持ちで眠い目をこすりながらキーボード叩いているんじゃないかなぁ。

明日、誰かが自分の書いた記事を見つけてくれることを祈りながら・・・

買収する

買収する

これまでは一応、AdSenseなんぞ貼ってましたが、ただ貼るだけでした。

これからはそれなりに収益性を追求していこうかなと。

この数日、ブログテーマをコロコロ変えたり、細かいカスタマイズをちょろちょろしていたのもその一環です。

 

目的はズバリ、妻を買収するためです。

妻はそれほどお金に執着するほうではありませんが、食・電車・阪神タイガースにはものすごく執着します。

 

広告張り始めて3ヶ月ほど経ちましたが、もうすぐ最初の広告料が入りそうです。

先日妻に
「お金入ってきたら、阪神戦見て帰りに美味しいものでも食べに行こうか。」と打診したところ、毎日いくら入ったか聞いてくるようになりました。

 

SNSでの営業活動に力をいれれば、それなりにPVも稼げるのでしょうが・・・どうもそういうのは苦手なもので。

時間はかかるだろうけど、これまで以上の更新量と質で集客していくつもりです。

家族を自分のブログの読者にする

家族を読者にする

通勤の電車の中で読んでくれているらしく、たまに感想をいってくれるようになりました。

やっぱり、何をやっているのかわからないものは応援のしようがありませんよね。

 

そもそも・・・

目の前にいて、身振り手振りを使える状態で自分のブログのファンをつくれない人が、ネットだけでブログを盛りたてるなんてできるわけありません。

 

専門性が高いブログだからとか、自分とは価値観・趣味がまったく違うからどうせ理解してもらえないとか甘えていませんか?

本当に中身のあるブログは、たとえまったく自分と関係がなくても、自分に活かせるものが見つかるし、何より書き手の情熱や人柄という引力があります。

 

家族に理解、応援されていないと感じているんだったら、それはブログそのものに魅力が足りていないということです。

本気で人気ブログを目指しているんだったら、その事実を真摯に受け止め、改善していくべきです。

 

僕もまだまだですが、最近になってようやく、数記事に1回くらいは褒めてもらえるようになってきて、「良かったよ」の一言を聞くために頑張っています。

家族に応援してもらえるようになると、全然モチベーションが変わってきますよ。

家族の生活リズムに合わせたブログ活動をする

家族のリズムに合わせる

生まれたての赤ちゃんがいる家庭のお母さんは「自分が赤ちゃんの生活リズムに合わせる」ことが必須スキルなのだそうです。

赤ちゃんが寝たら自分も寝て、泣きだしたら起きておっぱいをあげてオシメを変える。
・・・今はほとんど粉ミルクなんですかね。

これができるようにならないと、睡眠不足・慢性疲労・ストレスで身も心も持たないのだとか。

 

これってブログ書くのにも、仕事をするのにも共通の必須スキルですよね。

仕事だったら月曜はアポ入れないとか、水曜日はミーティングがあるから火曜日には準備の時間をとるとか、当たり前のようになることじゃないですか。

ブログも家族のリズムにあわせて書けるようになると、うまくいきます。

 

子供の勉強中、親がテレビを見ている間、趣味の時間、などなど。

しっかり観察すれば、家族にも「自分の時間」があることが見えてきます。

自分と家族の「自分の時間」をあわせると、バカにできない時間が捻出できます。

 

ちなみに僕の場合、今は妻が「衛生管理者」の資格取得を目指して頑張っているので、その時間をブログ執筆にあてるようにしています。

なかなか家族が自分の時間が見つからない、あってもあわせにくい場合は、新しい勉強や趣味を提案していくというのもアリかもしれませんね。

家族を応援する、家族のために時間を使う

家族を応援する

自分を応援してほしかったら、人を応援することです。

もしかして、自分のブログに同じことを書いている人、いるんじゃないですか?

今こそそれを実践する時です!

 

  • 子供が勉強聞いてきた時、ネットで調べろとか言っていませんか?
  • 買い物頼まれた時、断ったりしてないですか?
  • たまには掃除、任せっきりにしていませんか?
  • 親の晩酌、ほったらかして自室にこもったりしていませんか?

 

一昔前、ひらかたパーク(ひらパー)のキャッチコピーにこんなのがありました。

なんか、考えさせられます。

 父親をする。それが一番ためていた仕事でした。

※ひらかたパーク=大阪府枚方市にある家族向け遊園地。
ブラマヨやV6の岡田くんが「ひらパー兄さん」になっているので、ご存じの方も多いのでは?
ひらかたパーク公式サイト http://www.hirakatapark.co.jp/

ブログを書くための集中力を高める時間を0秒にする

集中力を鍛える

最後は個人スキル編。

人間は集中力を高めるのに平均7分かかると言われています。

ブログ書くときも、大体何を書くか決まっていても、しばらくはキーボードをカチャカチャして、そこから集中力高めていくことが多くないですか?

 

この最初のカチャカチャをなくし、途中で家族に声かけられたりしても、そこから0秒で集中力をマックスに盛り返してブログを書きあげるスキルを身につけると、ノリが悪くて明日に持ち越すということがなくなります。

 

集中力をトップスピードまで上げるのにかかる時間は訓練しだいで短くできると、茂木健一郎氏が著書「脳を活かす仕事術 「わかる」を「できる」に変える」の中で言っていました。

 

僕も昔は中小企業で5分に1回、社長から罵声を浴びせられてとても仕事どころではありませんでした。

1ヶ月近く家に帰れなくても残業代なんて1円も出さないような会社でしたから、終電までに帰るためには何度手を止めさせられても、やるしかない。

 

労働基準法を1つも守っていなかった会社にいた頃が、一番集中力が高く、アウトプットのスピードも早かったなんて、何とも皮肉な話。

人間らしい生活してても、ちゃんとできるってことを証明したいので、今も訓練中です。

 

まとめ

ドーナツをどうぞ

今日は僕の手違いで、冷凍ご飯が少なく、妻の弁当が寂しいことになってしまったので、ローソンのドーナツをもたせました。

いつもはつかない食後のデザートがついて、むしろ幸せだったようです。

女性の不機嫌の7割は100円のスイーツで解消できます。

スポンサーリンク

-ブログ運用

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。