ブログ運用

wpXは自動バックアップ不可。手動でBackWPupを使うべし。

2015/08/23

バックアップ

小鳥遊です。

さっき、wpXでスマホとWindows Live Writerがエラーでつながらない。サポートに問い合わせてみたらアッサリ解消した。ということで晴れ晴れしい気分なのですが、ひとつ残念なことを書かなきゃいけません。

 

wpXは自動でバックアップが取れません。

エックスサーバー側で過去14日分のバックアップは取ってくれていますが、データはお金払わないともらえません。

wpXは自動バックアップという言葉だけ信じていると、後から大変なことになりますので気をつけてください。

 

いろいろやってみたのですが、BackWPupを使って記事投稿やWordPressのカスタマイズ前後に手動でバックアップを取るのが最善という結論に達しました。

スポンサーリンク

wpXでは自動バックアップができない

バックアップは自動では取れない

wpXではCron(設定されたスケジュールによってジョブを自動実行するしくみ)が使えないため、ユーザーによる自動バックアップは取れません。

参考 よくある質問(エックスサーバー公式)

 

利用者が全員でCron使ったらサーバ全体のパフォーマンスが落ちてしまうから、あえて使えないようにしているのでしょう。

 

バックアップ自体はwpXサイドで1日1回、深夜から早朝にかけて取ったバックアップを過去14日分を保管してくれています。

ただ・・・データをもらうには税込み10,800円がかかります。※2015年6月25日現在

これを使うのは最終の最終、緊急手段として普段は自分で取るようにしましょう。

 

バックアップを忘れていると・・・地獄を見ます。

そう、僕のように・・・

ブログのドメイン変更しようとしたら地獄を見た話

wpXでBackWPupを使ってバックアップを取る方法

BackWPupで完全なバックアップを

BackWPupページより引用
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/

WordPressのバックアップにはいろいろな方法がありますが、データベース・画像・テンプレート・設定などをすべてまとめてバックアップするにはBackWPupを使うのが一番簡単で確実です。

実際、僕もこのデータを使って無料サーバからwpXへの引っ越しをしました。

バズ部さんが詳しくまとめてくれていますが、いくぶん古い上に英語表記なので、最新版の設定から使い方までを僕がまとめます。

参考 BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法(バズ部)

Dropboxのアカウントを用意しておく

Dropbox公式ページより引用

Dropbox公式ページより引用
https://www.dropbox.com/

まずはバックアップしたデータを保管する、無料のオンラインストレージDropboxのアカウントを用意します。

申込画面から一本道ですので、迷うことはもうないでしょう。

アカウント作成が終わったらDropboxのアプリをダウンロードしPCにインストールすると、ユーザーフォルダ内にDropboxフォルダができます。

BackWPupでつくったバックアップデータはこの中に保管されます。

※普段からDropboxを使っている人は追加で取り直す必要はないので、この項目は飛ばしてください。

Dropboxアカウント取得はこちら(無料)

プラグインBackWPupをインストール・有効化する

BackWPupをインストール

クリックして拡大できます。

プラグインの新規追加画面で「BackWPUp」と入力して検索、インストールが終わったら有効化するだけです。

ヘッダーからBackWPup >> ジョブ >> 新規追加

新規ジョブを作成

クリックして拡大できます。

サイドメニューから追加する場合は BackWPup >> 新規ジョブを追加 です。

一般タブを設定する

一般タブ設定

クリックして拡大できます。

  1. 「このジョブの名前」にわかりやすい名前を入れる
  2. 「データベースのバックアップ」にチェック
  3. 「ファイルのバックアップ」にチェック
  4. 「インストール済みプラグインリスト」にチェック
  5. 「アーカイブ形式」に「Zip」を指定する
  6. 「バックアップファイルの保存方法」を「Dropboxにバックアップ」にチェック
  7. 「ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」にチェック

スケジュールタブを設定する

スケジュールタブの設定

クリックして拡大できます。

wpXの場合は、ジョブの開始方法を「手動」に設定

※Cronが使えるサーバだったら「WordPressのcron」を指定して、スケジュールを指定すると自動バックアップが可能です。

DBバックアップを設定する

データベースタブの設定

クリックして拡大できます。

  1. バックアップするテーブルを「すべて」にする
  2. 全部にチェックを入れる
  3. バックアップファイルの圧縮をGzipにする

ファイルタブを設定する(いじらない)

ファイルタブの設定

クリックして拡大できます。

デフォルトのままでOKです。

プラグインのタブを設定する(いじらない)

プラグインタブの設定

クリックすると拡大できます。

これもデフォルトのままでOKです。

宛先:Dropboxのタブを設定する

Dropbox画面の設定1

クリックして拡大できます。

 

Dropbox認証

クリックして拡大できます。

 

Dropbox認証2

クリックして拡大できます。

 

認証コードを入力して完了

クリックして拡大できます。

  1. 「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリック
  2. 次の画面で「許可」をクリック
  3. 次の画面で出てきたコードをコピー
  4. 宛先:Dropboxのタブの入力欄にコードを貼り付け
  5. 「変更を保存」をクリック

 

以上で設定終了です。

お疲れ様でした。

日々のバックアップ

バックアップを取る

クリックして拡大できます。

設定さえしてしまえばバックアップは完了です。

  • 新しい記事を書き終えた後
  • WordPressのカスタマイズをする前
  • カスタマイズが終わった後

に必ずバックアップを取るようにしましょう。

BackWPup >> ジョブ >> バックアップ >> 今すぐ実行

と進むとすぐにバックアップが始まります。

バックアップが終わったら、Dropboxフォルダ内に「アプリ」というフォルダがあり、さらにその中に「BackWPup」というフォルダがありますので、その中を確認するとZip圧縮されたバックアップデータが確認できます。

バックアップファイル

クリックして拡大できます。

まとめ

トラブルはある日突然やってきます。

日々の備えを万全に、楽しいブログライフをお過ごしください。

スポンサーリンク

-ブログ運用

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。