コールセンター仕事術

【コールセンター仕事術】コールセンターで働く女性の評価は服装で決まる。

2015/06/27

男女仲良く

 

  • 男性と同じ土俵で仕事がしたい人。
  • 上を目指している人。
  • 給料上げてほしい人。

 

明日からパンツスーツで出勤してください。
ただし仕事はきつくなります。

ですから、結婚までの腰掛けでそこそこの給料がもらえればいい人にはおすすめしません。

それでも本気の仕事がしたい人はぜひやってみてください。

 

 

ちなみにこの法則は、コールセンターだけではなく、男性はスーツ・女性は私服で勤務することが認められている会社すべてに有効です。

スポンサーリンク

「女性は私服OK」の会社は女性を戦力としてはみていない

このコールセンターに入ってすぐの頃に、あるSVにクールビズは男性もポロシャツOKにしようという案を提案しました。

すると、

「いやぁ、男性はクライアントさんと話をすることがあるからね。」

と言われました。

 

言葉通りに取れば、

女性はクライアントの前には出るような仕事はしない(させない)から、私服で良い

ということになります。

 

企業が女性の私服を容認する理由はおそらくこの4つ。
というか、間違いなくこの4つ。

 

  1. 制服や更衣室にかけるコストがもったいない、準備に時間や労力をかけたくない
  2. 女性に理解のある、女性を支援している企業というイメージアップ狙い
  3. そうしておかないと、いろいろなところから叩かれるのが怖い
  4. 男性の目の保養

 

1は完全に時代錯誤。
昔と違って、そのまま電車に乗ったり、道を歩いても恥ずかしくない女性向けスーツはたくさんありますから、更衣室はいりません。

2も意味がわからない。
女性のほうが力が弱いから重いものを持ってあげるというならわかります。
でも、私服・アクセサリ・茶髪OKというのは何に対する理解、何に対する支援なのでしょうか。

3は世間の風潮が女性を持ち上げ過ぎ。
痴漢の裁判で勝訴の確率は1% 目撃者がいても3%らしいです。

4に至っては論外。
お金払って可愛いおねえちゃんと話をするって、お酒飲む以外、キャバクラと何が違うんでしょうか。

パンツスーツの女性が出世する理由

男性と同じことをするという意思表示

人間は見た目が8割です。

そのため、女性の職場における一番手っ取り早い自己アピールは、男性と同じ格好をすること。

「私は男性社員と同じ仕事をします。余計な気遣い・支援は不要ですから、私を評価してください。」という意思を示すことができます。

多くの私服女性より目立つ

上を目指すなら、目立ってなんぼ。
他と同じは「いない」と同義です。

周りが私服ということは、一人でスーツ、しかもよく見るスカートのスーツではなくパンツスーツを着ていれば自然と目立ちます。

合コンと違って、女性が私服OKの職場では真っ赤なマニキュアに茶髪の女性より、パンツスーツにさり気なく必要最小限の控えめメイクをした女性の方が目立てます。

パンツ見られなくて済む

僕は、エスカレに来る女性オペレーターが、スカート抑えながらしゃがみこむのを見るのが大嫌いです。

パンツ隠すことで頭がいっぱいで、僕の話が頭に入っていないのが丸わかりだから。

自分から恥部を見せておいて、痴漢だセクハラだとか言われた日には、たまったものではありません。

新手のボッタクリでしょうか。

お客様だけではなく、同僚に対してもきちんとした格好で接するのはアタリマエのことだと思うのです。

オンとオフの切り替えができる

スーツを着たらオン、スーツを脱いだらオフ。

そういうふうに決めておくと、自然にスーツの着脱で気持ちを切り替えられるようになっていきます。

 

仕事着と私服が同じだとそういうスイッチがない状態ですから、メリハリがつきません。

メリハリをつけられない人は、気持ちの切り替えが下手なのでストレスをためやすくなります。

 

仕事回らない

ストレスたまる

パフォーマンスが落ちる

仕事回らない

最初に戻る

 

休職や退職する典型です。

まとめ

上着、襟の付いたシャツ、ネクタイ。

どれも疲労を増やす仕事のマイナス要素。

 

特にコールセンターでは、体によけいな力が入っていると、声が前に出ない、トーンが落ちるなど対応品質にも影響が出ます。

本当に結果にコミットするなら、リラックスできる格好で架電したほうが良いに決まってます。

 

でも僕は、この一見無駄に見える風習が嫌いではありません。

たとえお客様からは見えなくても正装で対応するという、この何とも日本人らしい考え方がけっこう好きなんです。

目に見えないところでこだわるというか、手を抜かないというか・・・

 

まあ、会社サイドは慣習だからという理由だけで、そんな深いことは考えていないと思いますけどね。

 

 

コールセンターはいろんな意味で女性の園。

対面でも声だけでも、接客に関しては女性のほうが印象面で圧倒的に有利。

 

・・・だからこそ、負けられないっす。

勤務日数でいえばあと1ヶ月もないですが、最後の1日までトップ取り続けていく所存です。

スポンサーリンク

-コールセンター仕事術

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。