ニュース浅読み 戦争と平和

安保法制とは何か?→安部総理ゴリ押しの戦争法案です!

2015/09/05

安保法制は是か非か

こんにちは。小鳥遊です。

この記事がWinFの199記事目です。

今日のテーマは「安保法制とは何か?」、そして「安保法制が戦争法案なのかどうか」です。

 

結論・・・戦争法案です!!

 

正確に言うと、安部総理が総理をやっている限り、戦争法案にねじ曲げられる可能性が限りなく高い「戦争の種」です。

 

つい先日、概ね世間から評価された戦後70年談話を発表した安部総理。

あれを反故にして、ウソつき総理として歴史に名を刻みたくなければ、新・国立競技場同様、ゼロベースで考えるべきです。

スポンサーリンク

安部総理がゴリ押しする安保法制とは何なのか?

安保法制とは何か?

カンタンにいうと、国を守るための10個の法律を、『憲法の解釈だけ変える』ことで改正して、1つ法律を追加して、日本の安全保障を強化しようとする試みです。

「日米安全保障条約」も安保と略されますが、意味が違いますのきちんと区別しましょう。

くわしくは政府がつくった資料を読みましょう。

参考  平和安全法制概要(PDF)

 

・・・まったく意味がわかりません。

安部総理!

日経新聞が行った世論調査で国民の92%が「説明不足」「わからない」、84%が「安倍首相の説明に納得できない」「わからない」と回答していることをご存じないのでしょうか?

 

 

もう、めっちゃザックリまとめますと、以下の3点に集約されます。

これならわかるでしょう?

  1. アメリカなどが攻撃されており、日本の大きな危機になる場合は、武力を使える
  2. 自衛隊は「日本周辺」から世界中どこへでもいけるようになる
  3. 判断するのは政府(安部首相)

 

10個も法律を変えて、さらに追加するのにポイントはこれだけです。

厳密には「PKOでの活動範囲の拡充」とか「捕虜の取扱はどうするのか」とか、もっといろいろあるのですが、今回のテーマから外れるのでここでは取り上げません。

安保法制そのものは戦争法案ではない!むしろこれからの国際社会では絶対に必要!!

安保法制は必要

安保法制はなぜ必要か?

このままでは日本を海外の侵略から守れないからです。

アメリカが「世界の警察」を辞めるからです。

 

これまではアメリカが世界の警察として睨みを効かせていたため、いろいろありましたが、一応侵略されずに済んできました。

基地問題でさんざん迷惑をかけてはいますが、日本侵略だけは防いでもらえていたわけです。

 

しかしアメリカは近年、国防費を大幅に減らしてきています。

アメリカも借金大国ですから、ない袖は触れません。

また、これまで大きな戦争をたくさんしてきて、国民が戦争アレルギーを起こしてしまい、軍事力増強の政治では支持率を維持できないという事情もあります。

 

そこでアメリカが日本に「今までどおりのボディガードはできないのである程度は負担してくれ」と要求してきて、安部総理がアメリカでのスピーチで「夏までの安保法制の成立させまーす♪」と勝手に約束し、衆議院での強行採決・・・という流れでことが進んでいるわけです。

 

日本は今でさえ、

  • サンゴ密猟されたり
  • 海上保安庁の船にぶつかられたり
  • 竹島を不当支配されたり
  • 北方領土に勝手に上陸されたり

・・・ナメられまくっています。

アメリカの軍備が縮小された状態で攻めこまれたら・・・どうなるでしょうか。

 

それに、いざという時、本当にアメリカが日米安全保障条約を守ってくれるかわかりません。

条約なんてあてにはなりません。

日本も戦時中、ロシア(当時のソ連)から一方的に日ソ不可侵条約を一方的に破棄された挙句、北方領土を武力制圧され、火事場泥棒的に領土を奪われています。

2015/8/20追記  ロシアにはこれを正当な行為だと主張するブロガーがいるようです・・・

「歴史は勝者が記す」=北方領土支配正当化―ロシア愛国集会(Yahoo!ニュース)

 

そして何より。

自分たちのふるさと日本の安全がアメリカの気分次第なんて、情けないじゃないですか。

東日本大震災のときに駆けつけてくれた人たちを、自国ではなく日本のために命の危機に晒し続けるなんて、申し訳ないじゃないですか。

 

そりゃ世界中がいっせーので武器を捨てるのが一番良いです。

でもそれができない以上、絶対にこちらから攻撃しない誓いを立てた上で、いざというとききちんと機能する防衛力は持っておくべきです。

日本に迫る侵略戦争の危機

日本に迫る侵略戦争の危機

世界には、日本を侵略したくてたまらない人たちがいます。

 

日本は小さな島国ですが、仮に中国・韓国が日本を手に入れれば・・・

  • 「水道水が飲める」超ハイクオリティで豊富な水資源
  • 次々に見つかるメタンハイグレード・石油・銅などの資源
  • 値段で押されているが揺るぎない技術力
  • 日本国民・日本企業の莫大な財産
  • 自国の領域拡大

・・・

といったものが全部手に入ります。

日本はノドから手が出るほど欲しい、夢の楽園。

まさにジパングなのです!!

 

特に領域は重要!

領域は「領土」・「その周りの水域である領水」・「領海」・「領空」でできていて、完全かつ排他的な主権が保証されます。

領域は海岸線から12海里(22.2km)までとされているため、他国が侵入するにはその国の了承を取り、大抵の場合はお金を払う必要があります。

また、領海に関しては、海岸線から200海里(約370km)を排他的経済水域といって、他国は入ることはできますが魚をとったり、資源をとったり、経済的な活動は一切できないことになっています。

通行料とったり、漁業をしたり、資源採掘したり・・・国の収益が莫大に増えますね。

 

中国が尖閣諸島(釣魚島)を、韓国が竹島(独島)を、ロシアが北方領土の領有権を必死で主張しているのはこういう事情です。

経済的に追い詰められて、いつ破綻するかわからない国ばかりですね。

 

危険因子は近隣諸国だけとは限りません。

経済的な理由以外にも、ISIL(イスラム国)のように宗教的な理由や、他国同士の争いに巻き込まれるなど、リスクを挙げればきりがありません。

・・・本当に人任せでいいのでしょうか。

それでも今のままでは安保法制は戦争法案!やるなら憲法改正もあわせて国民の信を問え!!

安保法制は戦争法案

僕が安保法制を戦争法案だと主張する理由は2つ。

  1. 憲法違反の問題を解消していない
  2. 国民が同意していない

ニュースを見ている人なら知っていると思いますが、安保法制はほとんどの有識者が「憲法に違反している」と結論を出しています。

安部総理は歴史問題は歴史家に任せるのに、憲法には自分で勝手に結論を出しています。

 

そりゃ専門家だって間違えることはありますから、もしかしたら解釈の問題であって憲法違反ではないのかもしれません。

でもね・・・だったらちゃんと結論出してから先へ進もうよ。

 

次に国民が同意していない件。

僕はこれが一番の問題だと思っています。

 

ご存じのとおり、安保法制は与党の強行採決という形で衆議院を通過しました。

専門家が憲法違反だと言っているのに「解釈の問題だ」と切り捨て、国民の80%以上が理解していないのに強行採決する。

そんな総理が正しい判断でこの法律を運用できるわけがありません。

 

「大量破壊兵器がある!」と言いがかりをつけてイラクを攻撃したイラク戦争に代表されるように、戦争をしかける理由なんて言ったもの勝ちです。

あの人ももう一度バブル崩壊級の不況がくれば、適当な理由をでっち上げて戦争はじめるに決まってます。

 

安保法制は独立国家なら同然持っている自衛権を正当に行使するための法律です。

この法律そのものが悪いわけではありません。

 

SEALDsをはじめ、若者やお母さんは、「自分たちの世代、自分の子供が戦争にいく」と躍起になって反対していますが、これは間違い。

日本国憲法第18条で

何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない

と定められていますから、徴兵なんてことはあり得ません。

 

自衛隊が世界で活動できるからといって、戦争に参加するわけでもありません。

自衛隊が武力を行使できるのはあくまでも「日本の危機」になる場合だけです。

 

ただ・・・安倍総理が陣頭指揮を執るとなると話は別です。

 

憲法を「解釈」の一言で無視し、国民が理解も納得もしていない法案を無理やり通すような人です。

「国民主権」という言葉を知らないくせに、憲法を解釈しちゃう脳みそが僕には理解できません。

彼がその気になれば、憲法18条だろうが、海外での自衛隊の活動だろうが「解釈」の一言でねじ伏せることは火を見るより明らかです。

 

 

安倍総理。

まずは憲法を、次に国民の理解を得てから話をしましょうよ。

 

大阪都構想は、橋下市長があれだけ説明会をして演説をしても説明不足と言われています。

もっとわかりやすく、ねちっこく、正しく説明してください。

与党の議員総出で説明してまわることもせずに、国民の理解が得られるわけないじゃないですか。

少なくとも僕は、安保法制を正しく行使できる総理が現れるまで、賛成できません。

 

どうせあなたは、戦争いかないでしょ?

だったらせめて、政治で戦ってくださいよ。

 

オススメ  戦争と平和について、ほかにもこんな記事を書いています。 スポンサーリンク

-ニュース浅読み, 戦争と平和

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。