仕事

【派遣の流儀】派遣で働くために必要なことをまとめてみた

2015/06/27

大企業

単純作業を繰り返す毎日を過ごしていると、頭使ってないなぁと思う時がある。

ボケ防止とスキルアップの一環として習慣にしようとしているのが、「人の書いた文章・記事を読んで、自分ならどう書くか・どう思うのか」を掘り下げること。

今日はこんな題材を掘り下げてみたいと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20150329202919

どこのどなたか存じませんが、興味深いテーマをありがとうございます。

スポンサーリンク

「大企業で働くために必要なこと」はこういうことらしいですよ

 この大前提を踏まえて、以下の3つがポイントです

1.上司に立てつかず、上司が望むアウトプットをきちんと出す。
そんなに難しいアウトプットは求められるはずがありませんので無難にこなしましょう。
難しくても、自分の頭で考えて、上司や先輩と相談しながら実行すれば良いです。
ぶっきら棒に、「こんなのできません」「やり方教えてください」は×です。

2.人間関係、法令違反などのトラブルを起こさない。
上司にたてつかない、先輩、後輩、同僚とトラブルを起こさない。
会社、家庭などの不平・不満・悪口は言わない。
不倫とか横領とか問題外です。

3.常にニコニコしながら、挨拶、世間話、仕事してます報告をきちんと自分からする
トラブルを起こさないだけでは、ただの暗い人でもできますが、何もしないのではなく自分から周囲に好影響を与えることが重要です。何か主張するときは立てつくのではなく、波風立たないように提案という形で意見しましょう。

以上を踏まえれば大企業で働いていけます。

 

妙に納得してしまった。

なるほど。

こういう考えだから、あの人達はああいう取り組み方になるんだ・・・

 

何で一度決まったことが風化していくのか
何であんな一時しのぎの仕事ばっかりするのか
何であんなに仕事が遅いのか?

 

全部謎が解けました。

 

僕の務めるコールセンターはアウトソーシングで、クライアントが上にいる。

上司の望むアウトプットと言うのは、上司そのものの要求ではなく、上司のさらに上のクライアントから降ってきた要求 ということ。

 

業務遂行者が直接クライアントに目的やポイントなどを聞ければいいけれど、それはできない。

上司を通して(上司はさらに上の上司を通して聞く)から、軸のぶれまくった仕事になる。

形にしないといけないから、見た目だけのやっつけ仕事・その場しのぎの仕組みになる。

 

そんなものが長く続くわけがない。

だから風化する。

 

ボヤケた仕事をずっとやっているから、自分がやっている感がでない。

それに慣れてしまう。

すると、自社内の仕組みづくりといった、クライアントを絡めなくてもできる仕事に対しても目的・ポイントを突き詰めなくなる。

目的が曖昧だから優先付けができない。

優先付けができないから仕事が遅くなる。

5分でできることが数日後までほったらかされる。

 

なるほどなるほど、そういうことか。

どこぞの誰かさん、スッキリしました。

ありがとうございます。

派遣で働くために必要なこと

1.目に見える形のアウトプットで1位を取り続ける。

派遣社員は、やることは決まっていますから求められるアウトプットは明確です。

コールセンターなら架電数、事務職なら処理件数、販売員なら売上。

派遣先の会社全体で1番を、せめて同じ職場の派遣の中で1位を目指しましょう。

自分が抜けたら会社が傾くくらいのパフォーマンスを出しておけば、それなりの対応をしてもらえます。

2.正々堂々と仕事を奪う。嫌われることを恐れない。

不正・不平・不満はダメ、これには同意。
ただ派遣の場合は、その上で自分を高めるより人を蹴落とすことを常に意識するべき。

仕事に余裕ができてきたら、空いた時間に別の仕事を入れることでさらにパフォーマンスをあげて派遣先へのアピール材料を増やしたいところ。
数字の出しにくい仕事も早く手放して、数字の出せる仕事に入れ替えたいものです。

しかし、割のいい仕事には枠の上限があります。
だったらどうするか。

人の仕事を奪うしかありません。

陥れるようなことさえしなければ遠慮はいりません。
その人がやるより自分がやるほうが派遣先にとって得だということを客観的な形で主張しましょう。

嫌われるかもしれませんが、知ったことではありません。
あなたより役に立たないのですから、いずれ切られていなくなります。

3.身の程を知る

派遣社員はしょせん「調整弁」。
自分で同意した上での雇用契約なのですから、契約内であれば何をされても文句をいうのは間違いです。

それが嫌ならやめればいいんです。
正社員でも起業でも好きにしたらいいんです。
今の仕事をもっと広げたいなら、抵触日まで生き残って契約社員→正社員を狙うんです。

もちろん人間ですから給料安いとか雇用が不安定とか、不満は出てきます。
どこかで発散したいのは仕方ありません。

でも、それを職場に持ち込んではいけません。
派遣社員の「前向きな提案」は肯定的に受け入れられることが多いですが、不平・不満は間違いなくマイナス評価になります。

派遣先→派遣元・・・ご臨終です。
次の仕事を紹介してもらうのも難しくなります。

不安の発散はよそでやる。
何か主張したいなら、それができる立場になってから。
それが筋ってものです。

まとめ

大企業には大企業の、派遣には派遣の働き方があるってことで。

それぞれに不満はありますが、一方的に我慢・妥協をするのではなく、折り合いをつけることが大切なのではないでしょうか。

何もできないなんてことは人生そうそうありませんから。

 

スポンサーリンク

-仕事

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。