日記

50代のオッサンのクシャミがデカい理由と対処法

2015/12/11

50代のおっさんのクシャミはなぜデカイのか?

今日、タバコ吸ってたら同じ職場のおっさんが入ってきました。

  • 仕事教わってる立場なのに年下にタメ口で
  • 貧乏揺すりがうざくて
  • 何をヤルにもクソっとろくて
  • 声が小さくて何を言ってるのかわからなくて
  • 服装が汚くて
  • 口が臭い

このおっさんです!

参考 【50代は要チェック!】会社で毛虫のように嫌われるオッサンの特徴。

 

プライベートだったら絶対に絶対に関わりたくないクソオヤジですが、まあ、職場ですからね。

まだタバコに火をつけたばっかりだし、入ってきた瞬間に逃げられたらおっさんも傷つくだろうし、一応話を振って5分ほど話をしたところ・・・

 

50代のおっさんのクシャミがやたらめったらデカイ理由がわかりました!

 

もちろん全員じゃないのはわかりますが・・・

要するに。

50代は社会人になってからモラルやマナー、礼儀に対しての教育を受けてこなかったんです。

だからモラルが欠如している。

 

そして、老いさらばえていく自分に絶望してしまっているのです。

だからやりたい放題。

自分に対する期待がゼロだから、人の目も気にしない。

 

おっさんのクシャミを止める方法はありません。

だから発想を転換して「50代のおっさんは自分に『こうなったら人間終わりだ』ということを教えてくれているのだ」と思いましょう。

おっさんたちはあなたが職場で避けられ、家で嫌われ、ただ惰性で生きるクソダサい愚物になるのを防いでくれているのです。

何ともありがたい話じゃありませんか!!

スポンサーリンク

50代のおっさんはマナーが決定的に欠如している理由

50代のおっさんのモラル欠如は何が原因で起きているのか?

ブエックショイ!

あなたの仕事へのモチベーション、集中力を根こそぎ奪い取るクシャミをぶちかます50代のおっさん。

 

そりゃ力いっぱいクシャミをするのは気持ちいいです。

でも、、、迷惑です。

幼稚園児でもわかります。

そんなことがなぜおっさんには理解できないのか。

 

このおっさんたちが20代だった頃。

日本はそれはもう景気のいい時代でした。

 

上司はメチャクチャ。

部下もメチャクチャ。

おねえちゃんもメチャクチャ。

みんなメチャクチャ。

 

人間、朱に交われば赤くなります。

いくら子供の頃、厳しいしつけ、教育を受けてきたとしても、人間として一番大切なことを学ぶ20代でさんざんメチャクチャな人たちをみて育ったのです。

マナーもへったくれもありません。

 

しかもこの頃は今ほど

  • コンプライアンス
  • パワハラ・モラハラ・セクハラといったハラスメント
  • 個人情報
  • 人権

といったことに世間が重きをおいていませんでした。

今ではよっぽどのブラックか中小でもなければ、必ずやるコンプライアンス教育がないのが当たり前だったのです。

 

・・・うちの職場の困ったオッサンも、たまに機密書類を平気で机の上に出してお昼食べに行ったりします。

何度か注意しているのですが、改める様子がありません。

今ではおっさんがいなくなった後、おっさんの机周りをチェックしてからお昼に出るのが僕の日課になりました。。。

 

今日、タバコ吸った時におっさんは言いました。

「今は何でもかんでも窮屈すぎる。あの頃に戻りたいわぁ」と。

50代は自分に絶望している。だから人の目を意識しない。

50代のおっさんは自分に絶望しているので向上心やモラルを説いても無駄

おっさんはダルそうにタバコの煙を吐き出して僕にこう言いました。

「小鳥遊くんはまだ若いからいいけれど。もうすぐ集中力は続かなくなるし、やる気は出なくなるし、モノは覚えられなくなるし、すぐ疲れるし、腹は出てくるし、どんどん衰えていくよ。はぁ、歳は取りたくねぇなぁ。」

 

・・・おっさん・・・福山雅治・大沢たかおを経て、仲村トオル・豊川悦司を目指しているオイラの前で、暗い未来を押し付けるのやめてくれるかな。。。

 

まず。

何にもしていなければ、当然のことながら加齢に伴う体力・集中力・やる気などの低下はやってきます。

持病の一つや二つも出てきます。

その結果、無気力になったり、人からの目を意識してファッション・所作に対して気を使うのが億劫になってしまうんですね。

 

それに加えて。

50代のおっさんは、20代から40代の間に終身雇用・年功序列のぬるま湯に浸りきっています。

一度おいしい思いをしたら、人間そうカンタンに厳しい環境は受け入れられません。

骨の髄まであまっちょろくなってますから、そりゃ今の厳しい世の中に対応できず慢性疲労になるのは当たり前です。

 

そこへ加齢による衰えがきますから、発言や思考もどんどんネガティブになります。

ジムに通うなり何なり、若さを保つ方法はあるのに、チャレンジするどころか、それを検討することすら面倒。

 

その結果、

どーせ俺は・・・

疲れるし、少しくらい手を抜いたって良いよね

どーせ何もかわらねーんだし、ドンドン手を抜いて、面倒なことはやめて適当にやろう

シャツがしわしわ?関係ないね。どーせみんな年下だから怒られることもないし。

クシャミはでっかくやったほうが気持ちいいじゃん。昭和の時代を作った俺たちがデカいクシャミをして何が悪い!

と、無気力・ものぐさがドンドン加速していきます。

 

極めつけは、年功序列時代に染み付いた無能なくせにエベレストより高い自尊心。

上司が部下に自分の引っ越しの手伝いを強制できていた時代、おっさんたちは様々な理不尽を我慢の二文字で受け入れてきました。

すべては自分たちがあの歳になった時にやりたい放題するため。

それがあの人達の中では「今」なのです。

 

自分より年下の意見など、聞くわけがありません。

年功序列どころか、年下の上司が珍しくない今の御時世。

業務命令とあれば一時的には従うふりをしますが、心から納得しているわけではないので絶対に直りません。

 

もちろん50代以上全員に当てはまるわけじゃないです。

僕が目指すトヨエツ・仲村トオルは今でもオシャレで、魅力的です。

芸能人じゃなくてもイケてる50代が存在するのも認めます。

 

でも、、、どっちが多数派かといえば、イケてない50代の方だと言わざるを得ません。

日本法規情報株式会社が行った調査結果が全てを物語っています。

興味深いのは“トラブルメーカー”が誰なのかということだ。年代別でみると、最も多いのが「40~50代(の多い職場ほど、トラブルが多い)」(24%)で「ゆとり世代」(12%)、「30代」(9%)となっている。

若手よりヒドイ 職場ひっかき回す「厄介者」は40~50代」より引用

 

僕らにできるのは、おっさんのデカいクシャミ、マナー違反は僕らに対する警告だと受け止めることだけです。

彼らを反面教師にして集中力・やる気の低下を防ぎ、日々新しいことへのアレルギー・拒絶反応を取り除くことに努めましょう。

まとめ

うちの職場のおっさんはデカいクシャミもムカつきますが・・・

仕事始まってしばらくすると、変な音を発するのもめっちゃ腹が立ちます。

 

文章では説明のしようがないので、再現音声を用意してみました。

「こんな音をとなりで立てられたら確かに腹立つわ~」と思った方はSNSでシェアお願いします(笑)

 

スポンサーリンク

-日記

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。