仕事

非正規雇用のつらさに心が折れかけてる人へ~闇の中でも光はあるよ

2015/06/27

DSC_0031

今日はわけあって鳥羽にある海の見えるホテルからお送りしています。

ネット環境のないところにいるのでスマホから、結構時間かかってます。

でも、逆にネットの誘惑がないので、真剣な考えごとがすすみました。

 

今日は非正規のつらさと戦っている人へ、何の具体性もない応援です。

僕の場合、今だと時給1150円で月に40時間残業して、20万円ちょっと、かなりカツカツです。

同じコールセンターでもクレジットカード系とかだと、もう少し時給も高いようですが・・・

13ヶ月連続でトップをとり続けて、2年近く努めていますが、時給1150円。

・・・グランフロント大阪のショップのアルバイトの方が高いです。

 

ちょっと前の朝礼で、クライアントが「一流のサービスにふさわしい一流の応対をしろ。」みたいなことを言ってましたが・・・

 

こちらに一流を求めるのであれば、待遇も一流にするべきじゃないのでしょうか。

金は出さん、サービスはあげろって・・・輩と同じ論法ですよ。

まあ、これはアウトソーシング業界や派遣会社が、下請け根性丸出しで、仕事ほしさに値段下げまくってるからというのもあるのでしょうが・・・

 

あと、「通信業界はサービス内容では差別化できないから対応で差を付けろ」とおっしゃいますが、明らかに他社より劣ってますけど・・・

やることやってからいってもらえませんかね?

  • 1bpsでも速度上げる
  • レンタル品のルータを1cmでも小さくする
  • 1ミリアンペアでも電力消費抑える
  • WIFIの速度上げる
  • 少しでも電話の音質あげる
  • 1円でも値段安くする
  • 1MBでもメールの容量上げる
  • オンラインストレージつける
  • セキュリティサービス無料でつける
  • 無料でできる設定サポートの項目を増やす

・・・いくらでもやることはあると思うのですよ

 

たばこ休憩とってると、クライアントさんたちが、

 

昨日はアレ食べたとか
最新のアレ買ったとか
景気は回復しているとか

そんなことを話しているわけです。

これを格差と言わずしてなんと言いましょう。

 

数字上げなきゃ3ヶ月で切られ、交通費は自分持ち、いくら数字あげても待遇は変わらず、向こうの要求だけがあがっていく。

そんなやりきれない世の中だから・・・

僕はバカになることにしています。

松岡修三もビックリの暑苦しい人間になることにしました。

 

今は本気で

自分が日本の通信インフラを整えていて、派遣社員を指導することで彼らの雇用を守っていると思っています!!

 

青臭い情熱は捨ててあきらめた方が楽だと思ってる人、それは逆です。

冷静になると見たくないもの、見なくていい物がいろいろ見えてつらくなります。

無理矢理にでも恥ずかしくなるくらいの熱い理想を心から信じた方が楽になれます。

 

「そんなこととても考えられない」という人は、朝起きたときと夜寝る前に100回ずつ「日本は俺が支えてるんだ」と唱和すれば、1週間で嫌でもそんな気持ちになります。

だまされたと思ってやってみてください。

 

どんなに一生懸命やっても、省エネですごしても、まったく同じ結果になるのなら熱くなった方がいい。

死ぬときに見る走馬燈は絶対そっちの方がおもしろいはずだから。

 

まあ、偉そうなことを言っていますが、僕だって今でも給与明細みたり、月に一度の社員さんの表彰式をみると、正直気が滅入ります。

そんなときは、こんなことを心の中で口ずさみすます。

僕の仕事は、電話をかけることではありません。

人と人との想いをつなぐことが僕の仕事です。

インターネットと無縁だったおじいちゃんやおばあちゃんが、都会にでていった子供や孫とテレビ電話でつながるかもしれない。

町の小さな診療所が、最先端の医療とつながれるかもしれない。

遠く離れた恋人同士が寂しい夜をすごさなくてよかったおかげで別れずに済み、日本の少子高齢化問題に少しだけでも改善が見られるようになるかもしれない。

次の大震災が起きたときに、通信が生きていれば救える命が消えずに済むかもしれない。

絶望に打ちひしがれた人に、ツイッターやGoogle+にあふれる暖かいメッセージが届くかもしれない。

僕が試行錯誤の末に身につけたスキルや知識が、あの職場で働く派遣社員さんの契約更新に結びつくかもしれない。

あの会社を、通信業界を、日本を支えるのは政治家でも100年に一度の天才でもない・・・僕たち、普通の労働者なのだから。

 

追伸1

それでもやりきれなかったら、温泉にいきましょう。
無理なら銭湯でいいです。

足延ばしてお風呂はいって解消しないストレスなんてありません。
人生なんとかなります。

追伸2

僕は22歳の時に事故で母を亡くしています。
本当にあっけなさすぎて、笑っちゃうくらいでした。

人間の命なんていつなくなるか、本当にわかりません。
あの喪失間と命のはかなさは、実際に体験しないと実感はできないと思います。

人生何が起こるかわからないから悔いのないように毎日を力一杯生きなさい、というのは真実ではありますが、それを心の底から実感するのは難しいのはわかります。
明日死んでも後悔しない生き方なんて、そうそうできることじゃありません。

僕だって今死んだら、絶対に後悔するに決まってます。

だったら死ぬほどがんばって生きなくてもいいから。
せめて、今からカッコつけて生きましょう。

あがくしかできないのなら、あがきましょう。
ジタバタすることしかできないなら、ジタバタしましょう。
祈るしかできないなら、祈りましょう。

これから何一ついいことがない人生だとしても、負けを認めず意地を張り通しましょう。

 

神様は不平等です。

無慈悲です。
僕たちを祝福なんてしません。

僕たちは、人生の勝者にはなれない星の元に生まれてきたのかもしれません。
だけど・・・逆らい続けることはできます。
勝てなくても負けないことはできます。

スポンサーリンク

-仕事

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。