日記

【母の日】親への感謝を形にするスキルがないと経済面・ストレス面のダブルで損をする

2015/06/27

母の日

もうすぐ母の日。
母の日になると亡くなった母のことと、今の母のことを同時に思い出します。

本当に大切な人やモノは、失って初めて気づくとよく言われますが、本当です。

そんな経験、普通の人はすることもないでしょう。
だけど、母の日と誕生日くらい何かしてください。

年収が減ります。
怒りっぽくなります。

今なら花屋さんも空いてますし、お菓子も安いです。
外出がてら何か買って帰れば、ゴールデンウィーク初日が良い一日になります。

スポンサーリンク

産みの母・育ての母

東京の大学にいた頃にとっていた内定を全部蹴って、京都に移住した最初の年にいきなり亡くなりました。

アルバイト先にいきなり電話がかかってきて、昏睡状態から一度も目覚めることなく天に召されました。

風呂場で白髪染めしてて、洗剤か何かが混ざって変なガスがでたのではないかということですが、確実な理由は不明。

 

定職にもつけず(今もつけてない)心配かけたまま。
彼女(今の妻)を見せられないまま。

本当に親不孝。

 

とにかくすごい人でした。
何で父と一緒になったのか(笑)。
何であんなすごい人からこんな息子が生まれてきたのか、今でも疑問に思うことがあります。
どんなに調子が悪い時でも家事をこなしてました。
一度、卵管破裂寸前まで家事してて、「調子が悪いなら病院いけ」って怒られてました。

僕なんかちょっと風邪ひいたり、疲れていたりすると妻と外食いったりしてしまいます。

 

息子2人が手元を離れると、介護のアルバイトをはじめました。

母が亡くなった日。
勤め先の同僚、介護をうけていた方のご家族で家の外に長蛇の列ができました。

みんな泣いていました。

当時すんでいたのは、長野の中でも田舎だったので、人のつながりが強いというのもあるでしょうが、それでも母の人柄、人徳におそれおののいたものでした。

 

毎日必ず手料理で出される3食の味。
決して妥協せず専業主婦という自分に課せられた職務にプロ意識をもってのぞむ後ろ姿。

僕ら家族のために彼女が重ねてくれた1日1日すべてが僕の宝物です。

 

そんな母がなくなって10年以上。

半年近く引きこもってしまった当時からはさすがに立ち直りましたが、今でも時々、感傷にひたってしまいます。

母に教わった料理を妻が気に入り、「どうやって作るのか?」などと聞かれた時など、自分があの母の息子で、僕の中で生きているのだと思うのです。

今の母

父が教員をしていて、教え子のお母さんが今の母。

父も今の母も、産みの母と僕ら兄弟に並々ならぬ「申し訳なさ」を持ちつづけていました。
僕ら兄弟は新しい母を比較的すんなり受け入れたと思いますが、話を聞くとそうはいかない家庭、多いみたいですね。

ドラマみたいに再婚相手が自分の子供ばかりかわいがって暴力振るったりしたら論外ですが・・・

不摂生になりがちな父をいつも支えてくれ、それぞれ一人暮らしだった僕ら兄弟に対しても気を配ってくれたから、受け入れられたのかもしれません。

今でも新しい母が彼女で本当によかったと思っています。
これも産みの母の導きと思えてなりません。
自分が果たせなかったつづきを、彼女に託したのではないかと、ね。

僕と妻の結婚式の時に、彼女を母としてお招きできたのは今振り返ってもよかったなぁと思える思い出です。

親への感謝を形にするスキルがないと経済面・ストレス面のダブルで損をする

誕生日や父の日、母の日。
感謝や愛情、言葉やプレゼント、行動で表せているでしょうか。

 

親だって人間です。
子供を一人前になるまで育てるのが義務とはいえ、それを無償でやり続けるモチベーションを保ち続けるのは並大抵のことではありません。

高価なものじゃなくてもいい。
極端な話、自分の気に入らないものでもいい。

自分のために何かしてくれること自体がうれしいのです。
自分のためにお金を使ってくれた、時間を使ってくれた、頭を働かせてくれたことそのものがうれしいのです。

 

自分が大切に思っている人だからこそ、なおさらに。
赤の他人が自分の誕生日に何もくれなくても何も感じないでしょう。

でも、家族や彼氏・彼女がまったく気にもしていなければ、寂しい気持ちになります。

そんな気持ち、自分に愛情を注いでくれる人に味わわせちゃいけません。

 

何より、親への感謝を形にできない人は、誰に対しても感謝を形にできません。
普段できていないことが、都合よくそのときだけできるわけありません。

仕事先、お客様への感謝も「仕事だからやる上辺」の感謝になります。

「自分がお給料をもらえるのはお客様にお買い上げいただいているおかげ」と心から思って仕事をしている人にどんどん差を付けられます。

信じる・信じないは勝手です。でも。

  • お客様へのモチベーションが違えば、他の人が気づかないことに気づけます。
  • お客様目線のサービスを提案できるようになります。
  • お客様への言葉・声・伝え方が変わります。

決して精神論ではありません。

 

人間は慣れの動物です。
定期的に意識しないと、あっという間に当たり前になります。

感謝を形にする習慣がないと感謝することができなくなり、次は当たり前の幸せも感じられなくなります。
それまで当たり前だった幸せが、些細なことで当たり前じゃなくなると、とたんに不満が生まれます。

それが積み重なるとストレスになり、何に対しても不満が先にでる毎日になります。

でも、当たり前の幸せを当たり前とせず、感謝することができれば、当たり前じゃなくなったときにイライラしなくて済みます。

  • コンビニでお釣りをもらったとき。
  • エレベーターのボタンを押してもらったとき
  • 妻が自分とご飯を食べてくれるとき

・・・

お礼を言える対象が小さければ小さいほど、感謝の感受性があがり、毎日が穏やかになっていきます。

最後に

母の日になると聴きたくなる曲が2つあるので紹介しておきます。
Windowsで聴くときはiTunes入れとく必要があります。
Androidの人は・・・ごめんなさい。

スポンサーリンク

-日記

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。