日記

10年前、魂が震えるほど尊敬した先輩の話

2016/08/10

10年前、本気で尊敬した先輩の話

清春様はもはや人間の枠を超えて神の領域に踏み込まれているので、我々凡人が参考にできるところはありませんが・・・

僕が10年前にバイトしてたパソコンショップの先輩は、今でも僕の憧れです。

あんなカッコいいおっさんに、いつかなれるんだろうか。。。

スポンサーリンク

10年前、本気で尊敬した先輩の話

高校まで長野の田舎で過ごして。

大学進学で東京に出て。

東京ではじめてインターネットと、そして今の嫁に出会って。

嫁と一緒にいたくて、内定全部辞退して京都に移り住んで。

就職氷河期ど真ん中に、スキルゼロの関東者を正社員で雇ってくれる会社なんてどこにもなくて。

いくつかめのアルバイト先だったのがパソコンショップ。

 

今回の主人公はそこの先輩アルバイトのMさん。

僕より3つか4つ歳上だったかな。。

 

背は小さいし、特に顔がいいわけでもなかったけれど。

とにかく仕事がデキる!

死ぬほどデキる!!

PCや周辺機器はもちろん、サーバ、ネットワーク、印刷出版、MIDI、何でもござれの底なしの知識。

 

10人くらい入った同期は、2人か3人一組で1人の先輩についてOJTを受けたわけですけど。

その10人の中でぶっちぎりで仕事ができなかったのが僕!

 

パソコンのことなんて全然わからないわ、コミュ症だからどもりまくるわ。

特にレジ打ちが致命的に遅い上に間違いだらけ。

上にお釣り間違え・ポイントつけ忘れで間違いなく100回は店長に謝罪させてます。。

・・・どんだけ無能やねん、当時の僕。。。

 

当初OJTを担当していた先輩も、ついには

「隅っこのほうでじっとしてろ」
「ひたすら商品のホコリ払って声かけられたら人を呼べ」

とさじを投げてしまいました。。

・・・なんでクビにならなかったのか、不思議でなりません。

 

そんな僕の教育係に自分から手を上げたのが超絶有能なあのMさん。

 

どれだけ厳しくしごかれるのかと思ってたんだけど。

絶対に怒らない。

叱りはするけれど、怒らない。

 

何度やらかしても、どんなひどいミスをしても、絶対に怒らない。

何度でも、何度でも、何度でも、言葉を変え、身振り手振りを変え、やり方を変えて教えてくれる。

 

最初は怒られなくてラッキー、とか思ってたけど。

その社員さんが上に怒られていること、僕の不始末のフォローでとんでもないサービス残業をしていることを知って。

それでもまったく態度が変わらない社員さんを見て、だんだん申し訳ないというか、気まずくなってきて。

 

ある日、聞いてみたんです。

「あのぉ、どうして怒らないんですか?」

 

そしたら。

 

「それが先輩ってもんだろ?

俺もそうしてもらったから。」

だって。

 

もう一生ついていくわーってなりましたわ。

ほれてまうやろ~

 

それからは、、、頑張りました。

「接客・販売員のコツ」的な本を読み漁って。

レジをデジカメで撮影して、それを印刷して四六時中眺めて。

・・・

 

何ヶ月後か後に売上げトップ取った時に、その先輩と缶コーヒーで乾杯したのが今でも忘れられません。

結局その職場で2年半お世話になりましたが、最後の1年はプリンタの担当を持たせてもらうまでになりました。

 

あの先輩がいなかったら、今の僕はありません。

もう。あれから10年。

あの人の背中、まだまだ遠いです。

まとめ

先輩といえば、この人もカッコいいですね。

スポンサーリンク

-日記

(たかなし むつき)と読みます。元某大手通信系コールセンター派遣社員。36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが、いいこと言ってます。 >> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
http://winfriede.com/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
http://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
http://winfriede.com/FX/

しょうもないことばっか送りつけるのであまりSNSのフォローはオススメしません。。

【Instagramやってます】
Instagram

【LINE@やってます】
更新情報のほかに、毎朝7時と夜10時に”意識高い系の独り言"を配信します。
暇な時、気が向いたら返事するので気軽に話しかけてください。

友だち追加数

※@winfで検索でも友達登録ができます。