お知らせ

妻の介護のため、ブログの更新やライブ配信等の活動を当面の間、休止させていただきます。

再開するときにLINEで知らせて欲しい方は >>LINE友達登録

導入手順

スマホ1台でFXをするための便利設定~SBI FXトレード編

2016年12月28日

ここまで・・・

  1. FX専用のGoogleアカウント開設
  2. SBI FXトレードの口座開設
  3. FX専用の銀行口座の開設

と進んできましたが、準備はOKでしょうか?

 

今日は

  1. スマホへの各アプリのインストール
  2. SBI FXトレードで取引を行うアプリの設定

までをやりたいと思います。

手順通りにやれば難しくないので、さくさくいきましょう。

 

ただトレードするだけならログインするだけですが、最初の設定をきちんとする・しないで日々のトレードにかかる手間が全然変わります。

理屈は抜きでとにかくこの通りやってください!


スマホでFXをするためのアプリをインストールする

基本的には各FX会社が用意したスマホ用の取引ツールをインストールすればOKなのですが、僕のやり方だと、あと2つアプリを入れてもらう必要があります。

各リンクから自分のスマホにあったアプリをインストールしてください。

SBI FXトレードのトレードソフト

SBI FXトレードのトレードソフト

これがなければ話になりません。

四の五の言わず入れてください(笑)

iPhone用
Android用

Googleドライブ

Googleドライブ

僕のやり方だと、トレード用シートで取引数量を自動計算します。

そのシートを、ネットにつながったスマホ・タブレット・PCがあればいつでも見れるようにするのがこのアプリです。

iPhone用
Android用

Google スプレッドシート

Google スプレッドシート

Googleドライブに入れたトレード用シートを開き、数値を入力するためのアプリです。

iPhone用
Android用

 

GoogleドライブとGoogleスプレッドシートはアプリを立ち上げて、最初に作ったGoogleアカウントでログイン、ログイン情報を記憶させておいてください。

最初だけアカウントIDとパスワードを入れるよう求められるので、入れてOK押すだけです。

 

以上で準備完了。

次は設定です。


SBI FXトレードの取引用ソフトの設定

あとはSBI FXトレードの取引用ソフトにいくつか設定をすればトレードができるようになります。

手元にSBI FXトレードから送られてきた口座情報の紙を用意したら、レッツトライ!

キャプチャはAndroidですが、iPhoneでも基本的には同じです。

 

アプリを起動する

タップします

SBI FXトレードの取引アプリを起動する

 

「照会ボタン」をタップする

「照会ボタン」をタップする

 

ログイン情報を記憶させる

  1. SBI FXトレードから届いた紙を見て
  2. ログインIDとパスワードを入れて
  3. 右にある「保存」にチェックを入れて
  4. 一番下にある「ログイン」ボタンをタップします。

ログイン情報を記憶させる

 

「設定画面」を表示する

画面の右上にある歯車みたいなマークをタップします。

「設定画面」を表示する

 

設定画面の「全体設定」を変更する

  1. 左上の「全体設定」が青くなっていることを確認して
  2. 「起動時画面」を「照会」にして
  3. 「自動ログイン」を「ON」にして
  4. 「小数点以下表示」を「ON」にします

設定画面の「全体設定」を変更する

 

「レート一覧設定」を変更する

  1. 「レート一覧設定」をタップして
  2. 「表示通貨ペア」に表示されている文字をタップします(何でもいいです)

「レート一覧設定」を変更する

 

AUD/JPY以外をタップして、緑から灰色に変えます

AUD/JPY以外をタップして、緑から灰色に変えます

 

AUD/JPY以外が灰色になったら、左上の「元の画面」をタップします

AUD/JPY以外を灰色にしたら、元の画面に戻ります。

 

「チャート設定」を変更する

  1. 「チャート設定」をタップして
  2. 「チャート1」をタップします。

チャート設定を変更する

 

通貨ペアをタップします

通貨ペアをタップします

 

「AUD/JPY」をタップします。

「AUD/JPY」をタップします。

 

「時間足」の右にある「1分」をタップします。

「時間足」をタップします。

 

「60分」をタップします。

「60分」を指定します。

 

「テクニカル」の横にある「無し」をタップします。

「テクニカル」の横にある「無し」をタップします。

 

「ボリンジャーバンド」を指定します。

「ボリンジャーバンド」を指定します。

 

  1. 通貨ペアが「AUD/JPY」
  2. 時間足が「60分」
  3. テクニカルが「ボリンジャーバンド」

かを確認してから左上の「元の画面」をタップ

3点確認して「元の画面」に戻る

 

「取引設定」を変更する

チャート設定の変更と同じように、

  1. 右上の「取引設定」をタップして
  2. デフォルト取引画面を「成行」に変更
  3. プリセット有効期限を「当日」に変更
  4. 両建可/両建不可を「両建不可」に変更
  5. 優先決済順位を「建玉の古い順」に変更
  6. 音声出力を「OFF」に変更
  7. ニュースティッカーを「OFF」に変更
  8. 間違いないかもう一度確認(重要!)

「取引設定」を変更する

 

ログアウトする

※これをやらないと、次にアプリ立ち上げた時にエラーが出やすくなります。

  1. 画面右下の「その他」をタップ
  2. 「ログアウト」を選択

ログアウトする

 

 

以上です。

お疲れ様でした。

まとめ

これであとは口座にお金を入金すれば、トレードができるようになりました。

どんどん、ぱふぱふ~♪

 

SBI FXトレードのスマホアプリは、起動するときよく落ちます。

アプリを使わないときはログアウトした上で、アプリそのものを閉じておくとある程度防げます。

 

アプリの閉じ方は以下の通りです。

iPhone

  1. 「ホームボタン」を2回押してマルチタスク画面を呼び出す
  2. SBI FXトレードのアプリ画面を上にスワイプ

Android

  1. 画面右下の「マルチタスクメニュー」アイコンをタップ
  2. SBI FXトレードのアプリ画面を右か左にスワイプ

 

とりあえず1ヶ月目は5,000円でやってみましょう。

FX用に用意した銀行口座に5,000円預けつつ、次の講義をお待ちくださいな。

 

口座、ちゃんと作ってますよね?

え?まだ!?

作っといてください!!

住信SBIネット銀行とSBI FXトレードの連携は最強!

-導入手順

Copyright© WinF-FX【ヴィンフ-エフエックス】 , 2019 All Rights Reserved.