注目!

【7/29締切!】Amazonギフト券1037円分が当たる応募フォームはコチラです。
→ >>応募フォーム

当選発表は【2018/7/29 22:00から】のツイキャスLIVE配信で!
→ >>ツイキャスLIVE配信についてのご説明

質疑応答

給料の安い正社員と、時給の高い派遣社員はどちらが得か?

投稿日:

給料の安い正社員と、時給の高い派遣社員はどちらがいいのか?

 

正社員と非正規だったら、正社員の方がいいにきまっています。

・・・本来だったらそれぞれのメリット・デメリットがあって、労働者が自分の環境に応じてメリットを享受できればいいのですが、今の日本では非正規は圧倒的に不利です。

 

ただ・・・

「正社員のほうが給料が低い場合」だと、話は少しややこしくなります。

 

そして「同じ会社・同じ業務内容であっても非正規で働いた方が時給が高い」ということは、結構あります。

そんな場合、正社員と派遣社員はどちらが得なのでしょうか?

 

読者さんからの質問にお答えします。

 


給料の安い正社員と、時給の高い派遣社員はどちらが得か?~まこ様からのご質問

読者様からの質問

 

それでは、質問からご紹介します。

「公開OK」でご質問いただいていますので、原文をそのまま引用します。

 

はじめまして。

相談は非正規から正規雇用への転職、ということてすので、現在正社員の私の相談は受けていただけるのかどうか、と思いながらも、非正規と正規の違いについてはかなり深くご存知なのでは、と思い、ご相談させて頂きます。

 

シングルで未就学児を育てています。

世間的にはかなり不利と判断される方向へ進む決心をした理由は女性上司からの個人的攻撃、パワハラです。

 

派遣経験があるので転職を考えたときにハローワークではなく派遣会社を選択しました。

やはり将来的な不安が大きく、紹介予定派遣限定で探すつもりです。

(5年とか限定とかの記事を読み、かなり不安になりましたが……)

 

ただ、給与額を見ていると派遣で1400円とか出るのならそっちの方が得なの!?

交通費とか福利厚生とかいろんなデメリットあるけど、トータルでとんとんなら何が何でも正社員!と思ってる私の考えは間違ってる!?と思い始めたんです。

 

社会的な制度とかあまりよく分からないのでどこかに聞きたいとネットで探しましたが、どこにどういう肩書きの人に聞いたらいいのかもよく分からず……

そんなときにこちらのサイトにたどり着きました。

 

現就業先は賞与を減らすため基本給を低く設定し、それでもその1カ月分にも充たない賞与しか出ません。

更に今の上司の下で今後も健全に働き続ける自信がなく。

たとえ手取り額が減ったとしても、転職したいと思っています。

 

給与の低い正社員と、時給がそこそこある派遣社員。月の手取りが同じくらいだとして、それぞれのメリットデメリットを教えていただきたいです。

それを踏まえて今後の転職活動に活かしていきたいと思います。

 

長々とすいません、よろしくお願いいたします!

 

なるほど。

・・・

パワハラ、、、お気の毒です。。

女のパワハラは、男よりネチネチしてるのでダメージが大きいですから。。

ご自身のためはもちろん、パワハラによるストレスは家庭生活にもマイナスになりますから一刻も早く解消するべきです。

どこまでお力になれるかわかりませんが、できる限りのアドバイスをさせていただきたいと思います。

 

では、まこさんの質問の重要ポイントを整理してみます。

黄色のマーカー引いた部分です。

 

  1. シングルで未就学児を育てている
  2. 派遣なら時給1,400円で正社員より手取りは増える
  3. トータルでとんとんなら何が何でも正社員にこだわる必要はないのではないか
  4. 現在の就業先は基本給が低く、ボーナス(=賞与)も少ない

 

では、上記4点を念頭において、考えてみましょう。

 

時給の高い派遣社員のメリットとデメリット

時給の高い派遣社員のメリットとデメリット

 

ではまず、「時給が高い」という条件で派遣社員のメリットとデメリットを考えてみます。

 

派遣(非正規)の一番のデメリットは、「給料が安い」ということです。

これがなくなると、もしかしたら下手な正社員より派遣社員の方がメリットは大きいのではないか、という気にもなってきます。

 

では、一般的に言われているものと、派遣と正社員両方を経験している僕の考えをミックスしてそれぞれをリストアップしてみましょう。

 

もちろん、派遣先の社風等によって変わることもあるので絶対ではありません。

ただ、僕は、いくつか派遣の仕事をしましたが・・・派遣を使っているほとんどの会社に当てはまると思っています。

 

時給が高い派遣社員のメリット

時給が高い派遣社員のメリット

 

サビ残(=サービス残業)が発生しにくい

もちろんそうじゃない会社もありますが・・・ただ、「派遣社員は残業させてはいけない」という方針の派遣先が多いです。

残業の多い派遣先もありますが、残業代はキッチリですことがほとんどです。

 

業務内容が決まっているため、責任のある業務や負荷の高い仕事をしなくて済む

派遣でも責任者やらされる派遣先はありますが・・・一般には業務内容が契約で決まっています。

クレーム対応等は正社員の方に報告すれば終わり、ということがほとんどですので単純な意味での精神的・肉体的なストレスは低いです。

・・・あくまでも「単純な意味で」ですけど、ね。

 

時間的・体力的・精神的な余裕ができるので、家事・育児・スキルアップをしやすい

上記2点から発生するメリットがこれ。

正社員で身も心も消耗し、深夜に帰ってから家事では、人生が壊れてしまいます。

その点、働く時間と内容が決まっているのはメリットが大きい!

 

個人的には家事・育児はもちろんですが、スキルアップに力を入れて欲しいです。

ブログ書いたり、クラウドソーシングに使えるデザインやプログラミングのスキルを身につけたり、投資をしたり。

派遣で働くなら、常に「雇われずに稼げる力」を身につけることを意識しましょう。

 

派遣先のややこしい人間関係に巻き込まれなくて済む

まぁ、派遣には派遣の人間関係があるのですが・・・

社内のドロドロした人間関係や労働組合への参加、飲み会強制参加とかはないです。

 

辞めようと思ったらストレスなく辞められる

個人的に一番大きいと思う派遣のメリットはコレだと思っています。

日本の労働者は、労働基準法で「退職の自由」が保証されているにもかかわらず、退職に関係するトラブルがメチャクチャ多い!

 

その点、派遣社員が仕事を辞めるのは楽です。

3ヶ月に1度の更新時に「更新しません」って言えばそれで終わりですから。

 

しかも面と向かって上司に言わなくても、派遣会社の担当さんに言えばいいので退職までの間、人間関係がギスギスすることもありません。

 

時給が高い派遣社員のデメリット

時給が高い派遣社員のデメリット

 

本気の仕事はできない

余計な責任を負わされず、人間関係のトラブルからも守られるメリットがある一方で、本気で仕事をしようとすればするほど、派遣の制限・限界を思い知らされることになります。

業務改善を提案しても受け入れられないし、仕事の邪魔になる無能な正社員に何か言おうモノなら派遣会社にクレームが入り、最悪の場合、途中で契約を打ち切られます。

・・・僕は平気で言ってましたけど、そんなの例外中の例外です。

 

正社員との福利厚生・社会からの信用の格差が大きい

  • 夏休み・冬休み、ありますか?
  • 子どもの急病等、アクシデントで遅刻・欠勤しても評価は下がりませんか?
  • 交通費、出ますか?
  • 健康診断のランクはどうですか?
  • ボーナスは出ますか?
  • 今の段階では時給が高くても、数年働いたら昇給で逆転しませんか?
  • クレジットカードつくれますか?維持できますか?
  • ローン、組めますか?

・・・

 

個人的にキツいと思うのは、「健康診断」のランクと「クレジットカード」。

 

30代後半からは人間ドッグを受けたいものですが、派遣社員は最低限の健康診断しか受けられません。

女性の場合だと乳がん検診等も受けたいところです。

正社員だと、すべての会社とはいいませんが、、通常だと100%自費負担になるオプションにも補助がつく場合があります。

 

僕個人としてはクレジットカードは、無駄遣いを助長するジョーカーだと思っていますが、、日本全体でクレジットカードがないと大損する世の中になってきています。

たとえば格安SIM。

携帯電話料金が数千円安くなるので節約のためにぜひ使いたいところですが、格安SIMで口座引き落としを用意している会社は数社しかない上に、口座引き落としだと余計な手数料がかかります。

 

また、カードを変えることでポイントの還元額が大きく変わることもありますが、派遣だとカード審査に通らないことが多いです。

さらには、今使っているカード会社に「派遣で働いている」ことがバレると、限度額を縮小されたり、最悪の場合、取り上げられてしまう可能性もあります。

 

向こうの都合で一方的に切られる

派遣社員は、こちらが一方的に退職できる一方、向こうからも一方的に契約解除されるリスクを受け入れなければなりません。

大抵の派遣業務は3ヶ月に1回の契約更新ですから、1年に4回、強制退職の危機を乗り越えなければなりません。

 

その場合、会社都合の退職になるため、失業保険はすぐに出ますが・・・

月給25万円前後で、5年未満で会社都合退職を迫られた場合の給付額は約15万円。

お子様がいらっしゃる家庭では失業保険だけで生活するのは、なかなかに厳しいモノがあります。

しかも、その派遣先を1年未満で契約解除された場合、保険加入期間が足りないため失業保険はゼロです!

参考 失業保険の給付額を計算!直近6カ月間の給与総額で金額が決まる(シツホ)

 

同じ職場で3年以上働けない

2015年9月30日に派遣労働法が改正(改悪)されたため、派遣社員は同じ会社では3年以上働くことができなくなりました。

・・・派遣先が無期雇用に切り替えてくれれば残ることはできますが、彼らは「3ヶ月単位で切れる派遣」が欲しいのです。

よほど有能な人材でなければまず間違いなく切られます。

 

また、あなたが有期雇用のほうがいいという場合は、最大3年で今までのキャリアをリセットして転職活動をしなければなりません。

 

よほどのスキルがなければ年齢を重ねると再就職が難しい

そんなわけで派遣社員は最大3年で転職を迫られるわけですが、その転職活動は正社員より遙かに厳しいものになります。

彼らはそんなこと口が裂けても言いませんが・・・派遣での業務は・・・キャリアに含まれません。

派遣で3年というのは、無職期間が3年と同義です。

 

給料が安い正社員のメリットとデメリット

給料が安い正社員のメリットとデメリット

 

次に「給料が安い」という条件で正社員のメリットとデメリットを考えてみます。

要するに、上述の「給料が高い」派遣社員のメリットとデメリットを入れ替える、ということです。

 

給料が安い正社員のメリット

給料が安い正社員のメリット

 

本気の仕事ができる

もちろん、会社によってはワンマン社長の言いなりにならないと生き残れないような場合もありますが・・・

「発言権」が得られます。

責任は重くなりますが、「裁量権」が得られます。

フリーランスや独立起業組ほどではなくても、給料も待遇も仕事の内容も自分でデザインできます。

 

それでも大きい正社員特権

  • 夏休み・冬休み(その他)、カレンダー以外の休みがある
  • 休みが取りやすい(その穴埋めのための派遣ですから)
  • 交通費が出る
  • 健康診断のランクが上がる
  • ボーナス・昇給がある
  • クレジットカードがつくれる。カードがないと受けられないサービスが受けられる
  • ローンが組みやすい

・・・

 

ローンは借金ですから、ないに超したことはありません。

ありませんが・・・

年収500万円で70歳以上まで生きるなら

ローン組んで持ち家買った方が、賃貸より1,000万円以上得です。

参考 年収別シミュレーション「賃貸vs持ち家」どちらがいいか

 

少なくとも派遣社員よりは雇用が安定している

先の事なんてわかりません。

ただ、少なくとも。

3ヶ月ごとに雇用断絶に怯えることはありません。

 

同じ職場で働ける

新しい環境での順応性は確かに大切です。

ただ・・・同じ職場で慣れた仕事をして、精神的にも体力的にも余力を残した状態で家に帰り、お子様とかけがえのない時間を過ごせるのは、正社員と派遣社員ではどっちでしょうか?

 

少なくとも派遣社員よりは転職が有利

履歴書・職務経歴書をきちんと読んでもらえます!

 

給料が安い正社員のデメリット

給料が安い正社員のデメリット

 

サビ残・サビ休日出勤のリスクが高まる

もちろん業種や職種、会社にもよります。

残業代・休日出勤代をきちんとだしてくれるホワイトな会社もあるでしょう。

 

ただ・・・

少なくとも・・・

残業・休日出勤をする可能性は、派遣社員に比べて格段に上がります。

 

基本は何でも屋。責任・負荷は高くなる

アルバイトでもシフト作りからクレーム対応までやっているケースはありますが・・・

「派遣社員より楽」ということは、まずあり得ないと考えた方が良いでしょう。

 

 

あとは・・・

「転勤あり」が条件になる可能性もあります。

 

時間的・体力的・精神的な余裕がないため、家事・育児・スキルアップとの両立が難しい

仕事のために生活があるのではありません。

生活のために仕事があるのです。

正社員を選ぶにしろ、派遣社員を選ぶにしろ、この優先順位だけは崩してはいけません!

 

派遣のところでも話しましたが、正社員であっても「一生安泰」なんてことはあり得ません。

年収1,000万円以上とかならともかく、ほとんどの人は「今すぐに」でも、第2、第3の収入を確保しておかなければ・・・

将来は間違いなく下流老人です!

 

人間関係・派閥の中で生きなければならない

これは・・・パワハラに悩むまこさんにいちいち説明するまでもありませんが。。。

少なくとも派遣より正社員の方が、人間関係に精神を削られる可能性が高いです。

 

辞められない

良いことを教えてあげましょう。

・・・

このブログにくる相談の【約半数】は、「辞めたいのに辞められない」です!

 

シングルマザーは、給料の安い正社員と、時給の高い派遣社員はどちらで働いた方が幸せになれるのか?

シングルマザーは、給料の安い正社員と、時給の高い派遣社員はどちらで働いた方が幸せになれるのか?

 

先に結論を書きます。

上記は一般論です。

「正社員か派遣社員か」ではなく、「自分の希望を叶えてくれる会社」を探しましょう!

 

・・・

ただ。。

それだけじゃあまりにもアレなので、もう少し考え方のヒントを出しましょう。

 

まこさんの場合、現在、未就学児を育てているシングルとのことですので、それも踏まえて、こんな考え方をしてみてはどうでしょうか?

あくまで一例ですので、「具体的な自分への質問」ではなく「自分への質問をする際の切り口の見つけ方」の参考にしてみてください。

 

再婚するつもりはあるか?あるならそれはいつか?

いきなりデリケートな問題に切り込んで恐縮ですが、大事なことです。

もし現在お付き合いされている方がいて、再婚の目処が立っていて、ご主人様の給料で家族が生活できて、まこさんも働くつもりがないのであれば。。

契約更新のタイミングでスムーズに退職のできる「派遣社員」のほうがいいでしょう。

日本の正社員は、会社に入るより抜ける方が難しいです。

 

逆に

「そんなビジョンはまったくない」「男に頼らず生きていくのだ!」ということであれば。。

少なくとも年金もらえるようになるまでは働かなければいけませんから、今の日本の労働環境では「正社員」のほうがいいでしょう。

決して楽とは言えませんが、今正社員で働いているなら、そのキャリアを切るのは得策ではありません。

一度派遣社員になってしまうと、もう一度正社員になろうと思っても、、、なれません!

 

「やりたい仕事・入りたい会社」はあるのか?ないのか?

まこさんは、今、やりたい仕事・好きな仕事に就いていますでしょうか?

もし上司がクズなだけで、今の仕事自体は好きで、一生続けていきたいということであれば、会社だけ変えればOK。

 

ただ、もし今の仕事(業種・職種)そのものが、一生付き合うものじゃないと考えているのであれば・・・

一度正社員としてのキャリアを途切れさせるリスクを差し引いても、一度派遣で経験を積んでみることをオススメします。

 

未経験では正社員になれない業種・職種(あとは会社)であっても、派遣社員なら入れる可能性はあります。

もちろん、業務の根幹に関わることはできませんが、「見ること」だったらできます。

 

仕事の本質は、本やGoogleには載っていません。

自分にあった仕事、自分が一生付き合える仕事を見つけるには、実際にやってみるしかありません。

正社員であれば入るのも抜けるのも人生の一大イベントですが、派遣であれば(いくらかは)その負担が減らせます。

 

そもそも、仕事を生活の手段と割り切っているのか、自分のアイデンティティの一つと考えているのか?

職業に貴賎はありません!

正社員だって、派遣だって仕事にやりがいをもっていい!!

実際、派遣の仕事に対しても人並み以上の情熱を持っている方はたくさんいらっしゃいます。

 

ただ。。

頑張れば頑張るほど、「派遣の限界」を感じる機会が増えます。

イヤなことがあっても努力が報われればいいですが、ストレスは少なくても努力が報われない仕事は結局それが原因でストレスが増大します。

 

最終的には業種・職種・社風によって決まることではありますが。。

仕事を生活手段として割り切るなら派遣、人生のよりどころにしたいなら正社員を目指した方が、良い転職ができる可能性は高いです。

 

まとめ

まとめ

 

ここまで6,800文字(笑)。

長々と書いてきましたが・・・結局のところ・・・

 

「正社員か派遣社員か」ではなく、「やりたい仕事・入りたい会社は、正社員と派遣社員のどちらで求人が出されているか」

です。

 

その上で。

  1. いくつになっても社会に必要とされるタメのスキル
  2. 組織に属さなくても自分で稼げる力

をつけていくのが、男とか女とか、既婚とか独身とか関係なく。

 

人として独立するということだと思う次第です。

東京で仕事探している人必見!!

TECHACADEMY

コース修了者には転職先として優良企業をご紹介&受講料10万円キャッシュバック!!

まずは公式サイトの右上メニューにある
「無料説明会」から動画をチェック!

>> 取材記事書きました

>> 公式サイト

オススメ転職サービス

ワークポート


僕を派遣から抜け出させてくれたWinF-JCイチオシの転職サービス。
とにかく担当者(エージェント)の方が熱心で、最後まで付き合ってくれたことは今でも感謝しています。
いろいろな案件を持っていますが、特にIT系に強いのも特徴です。

>> 記事書きました
>> 公式サイト

レバテックキャリア

エンジニア・デザイナーで正社員になりたい人・ゆくゆくはフリーランスになりたい人をトコトンまでサポート!
職務経歴書の添削・面接前の指導・模擬面接は面接のたびに【何度でも】たっぷり時間をとってやってくれます!

>> インタビューしてきました!
>> 公式ページ

DODA

理系の求人が多い印象。
大阪オフィスは若い担当者さんが多く、とにかく仕事が早い!
僕自身は、結局別の会社に行きましたがDODAで採用1件取りました。

>> 記事書きました
>> 公式サイト

小鳥遊 睦月) (たかなし むつき)と読みます。
元大手通信系コールセンター派遣社員。
36歳で派遣脱出を達成!今はシステム運用の中の人です。
コールセンター仕事術や転職など、自分でいうのもアレですが良いこと言ってます。
>> 詳細プロフィール


【運用ブログ】

WinF
日常を理系目線で鋭くえぐる大人の読み物
https://winfriede.com/

WinF-CC
今すぐ使える数字をあげるためのコールセンター仕事術
https://winfriede.com/cc/

WinF-JC
30代から派遣を脱出する方法満載の転職ブログ
https://winfriede.com/jobchange/

WinF-FX
FXを使って1日2分で作業と月々5,000円の積立を7,000万円にする方法まとめ
https://winfriede.com/FX/

>> ■動画配信について

LINE@やってます!

ブログの更新情報、ツイキャスLIVE配信のお知らせ等をお送りします。
友だち追加数

各種SNSフォローはコチラから!





-質疑応答

Copyright© WinF-JC【ヴィンフ-ジョブチェンジ】 , 2018 All Rights Reserved.